専門外の弁護士に依頼すると

専門外の弁護士に依頼すると

弁護士ならば誰でもいいやということで、ヤミ金対策を専門に行っていない弁護士に090金融対策を依頼したとしましょう。果たしてこの場合はどうなるのでしょうか。

 

何もしてくれない

まず、何もしてくれない可能性があります。せっかく法律の専門家である弁護士に相談をしても、090金融に関しては法の網をかけにくいのが現状です。

 

そのため、弁護士の中には「今はとにかく耐えてください」と、法の専門家とは思えない精神論で依頼者に訴えてくる人もいるのです。

 

苦しいから依頼をしているのに、これでは話になりません。

 

交渉力がない

重い腰を上げて090金融業者と交渉に乗り出したとしても、楽観視はできません。交渉能力のない弁護士では、業者との交渉も遅々として進みません。

 

本来であれば090金融は様々な意味で法律違反であるのですから、「法律違反の業者にお金を返す必要なんてありません」と言うのが筋というもの。しかしそのセリフを口にしないばかりか、「とりあえず払えるだけ払っておきましょう」とヤミ金を容認するような対応を迫ってくる弁護士もいるのです。

 

ここまでくると、弁護士も090金融業者とグルなのでは、と疑いたくもなります。実際にグルな弁護士も、中にはいるようですのでご注意を。

 

切羽詰ってくると人間は正しい判断ができなくなりますので、落ち着いて闇金対応に実績のある法律事務所を探すようにしてください。お金が返せないからと焦らず、まずは借金が返せないときの無料相談で闇金対応に強い法律事務所を見つけましょう。